札幌・羽幌での十三参り・水子供養【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】公式サイト

  • トップページ
  • ニュース(羽幌)
  • ニュース(札幌)
  • 真言宗と弘法大師空海について
  • お言葉
  • 真如院の歴史
  • 真如院について
  • 住職について
  • 行事
  • お経
  • 節分厄払い法要
  • 修行道場不動の会
  • 朝寺の会
  • 俳句会
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
心の療養院でのカウンセリング
年忌表・四十九日表
住職行事予定表
お経
成田山真如院公式YouTubeチャンネル
携帯サイト
ニュース(羽幌)|【高野山真言宗成田山真如院(羽幌本院・札幌分院)】札幌・羽幌での十三参り・水子供養など

ニュース 成田山真如院(羽幌)成田山真如院(札幌)のニュースです。

中山家の地鎮祭を行いました。
中山家地鎮祭

4月5日 4月の風が強く雨がしたたり落ちる悪天候下で中山家の地鎮祭を行いました。農家の家だけあってとてつもない大きさの家に成りそうです。3世代が入居するそうです。今どき3世代が一緒に成ってお互いを助け合いながら生活することは何よりも大切な繋がりと愛情の持てる取り組みであると發評価いたしました。
羽幌町の街中に一際大きく目立つ家が建ちます。今日は、中山家の土地の安寧と地鎮を祈願し、工事の無事なる進捗を祈願する行事に成りました。
| 成田山真如院 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
平成28年羽幌町本院節分法要が行われました。
H.28節分H.28豆まき
​2月5日羽幌町本院では節分厄払い法要が行われました。
今年度は、昨季年と同様の約400名ほどの人の参拝が有りました。参拝客は、平成12〜13年頃に約700〜800名程でありましたが、過疎化、高齢化、札幌市などへの都会への極度の流失に歯止めがかからない事などが要因となって、今日では当時の約半分ほどになっ仕舞いました。それでも1年に1度の羽幌町の風物詩ともなっている節分厄払い御加持、豆まきなどは田舎町の一つの楽しみ行事となっています。とは言いながら物の高騰などもあり節分法要の運営には、お寺としては四苦八苦している今日です。何とか田舎町の1年に1度の楽しみを末永く続けて行けるように寺族や檀家さん皆さんとで協力し合いたいと思案している所です。
| 成田山真如院 | 18:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
羽幌町本院仕舞法要
孫
仕舞法要
11月4日は、羽幌町本院で今年度最後の山仕舞い法要が行われました。今年度は、登別市金毘羅寺住職秋山恵教僧正のお説教師としてお迎えした。11名の僧侶による当山永代精霊供養、先祖代精霊供養、水子供養、馬頭供養を般若理趣三昧法要にて執り行った。
晴天に恵まれた良い日にお勤めをすることが出来、本年最後の役目を終え一安心といったところでした。
孫もお袈裟を付けてママと一緒にお参りをしておりました。 ​
| 成田山真如院 | 20:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
(株)道北土木春季安全祈願祭
春季安全祈願祭
4月1日羽幌町大手企業である(株)道北土木(森本 登社長)が恒例の春季安全祈願祭を挙行した。従業員43名が当山本堂に参集して住職から一人ひとり作業安全、交通安全のお払いを受けた。今年は、統一地方選挙がこの4月に執行される年に当たるため土木工事事業のだ方はいつもよりは遅いようだ。それでも会社側では、北海道開発が発注する国道の道路維持作業など継続事業を抱えていることから例年よりも早めに春季安全祈願祭を執行した。1年間会社従業員の健康管理と事業、作業安全を一人一人の心の中に植え付け祈願祭を終了した。
| 成田山真如院 | 08:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
羽幌町本院節分!!
節分太鼓節分誓心助法豆まき
2月5日羽幌町本院では平成27年度節分法要が行われた。例年のごとく約450人ほどの大勢の参拝客が本堂一杯に埋めつくた。
誓英住職の護摩の火の下佐々木康勝小平町観音寺住職初め札幌市御簾前淨徳寺地山敬胤住職、札幌市弘法寺徒弟伊藤一寛師、京都市岡田師そして当山誓心副住職が汗だくになりながら2時間の法要を勤め上げた。
力を込めた身体加持、太鼓、持参した持ち物加持に参拝者皆さんは大喜びで満足したすがすがしい表情をを与えていた。
勇壮な厄払いの後住職からのお説教そして参加者全員で豆まきを行い楽しいお参りの一時を過ごした。
尚、2月11日は、札幌分院(札幌市清田区平岡)で午前と午後2回の厄払い護摩法要が行われる。
| 成田山真如院 | 20:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2月5日、節分法会!!
節分法会
2月5日は、恒例の節分厄払い護摩法要を行います。時間は、午後12時30分から1回のみのお参りです。
護摩の火を前に身体御加持のお払いを受けた後、豆をまきます。尚、今年から当山の手伝い者が高齢化したためにお手伝いしていただける人がいなくなったことから、今年からはテーブルにお膳の用意ができなくなりました。そこで小さなパックにお弁当を作りますのでお持ち帰りをできるようにしたいと考えております。
段々と高齢化と過疎化が当山法要にも影を落としてきました。それでも1年の恒例行事ですので楽しんでいただきたいと考えております。
 
| 成田山真如院 | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
羽幌町本院仕舞法要!!
仕舞法要
献灯
お説教
11月4日当山恒例の今年度仕舞法要が実施されました。当日は、雨模様のあいにくの天気であり、また4年に一度の羽幌町町長選挙が告示されるという忙しい日にぶつかった。しかし、午後から若干の日差しがさす中永代供養法要、先祖、水子、ペット等供養法要が厳かに執行された。お説教師に高畑俊孝僧正が来寺し1座のご法話を戴いた。法要もと滞りなく終了し今年度最後のお参りを終了することができた。
 
| 成田山真如院 | 16:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
五智山弘徳寺開基百周年記念法要と隆応住職の晋山記念法要
弘徳寺百周年法要
弘徳寺
10月23日晴天の秋空の下北竜町和町弘徳寺では、寺院開基百周年記念法要とこの度住職に就任した水原隆応住職の晋山奉告法要が執行された。弘徳寺檀家約百名が出席して盛大な法要が行われた。また、記念式典では弘徳寺檀家総代に対して本山松長有慶官庁猊下から感謝状と記念品が贈呈された。また、岩田慈照北海道宗務支所長と法類総代深川市真言寺資延憲英名誉住職から祝辞が披露された。また晴天秋晴れということもあり境内では庭儀による法要も行われ盛大な法要になった。
| 成田山真如院 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
遠別町宝泉寺秋彼岸法要!!
宝泉寺秋彼岸法要
9月18日遠別町宝泉寺の秋彼岸法要が執行された。今日は、お説教を依頼された。毎年恒例のお参りではあるが田舎のお寺のお参りは段々と寂しさが増してきている。若い人と今後のことについて話し合ってきたが、お寺の後継者問題を含めてお寺の将来の行く末を心配する声が聞かれる。東京や札幌でもそうなのだがお寺を支える世代がいなくなっている現状は増々深刻だ。
将来のお寺の在り方をどうするか寺族だけでなく日本社会全体が宗教や文化、精神文化を真剣に考える必要にあるように感ずる。数十世紀にわたって作り重ねて来たものを壊したり、なくしたりすることは簡単だが継承してゆくことは難しい。
「覆水盆に返らず」で一度壊したものは二度と元に戻すことは不可能だ。今日の人間性を問題視されることは多いが、その根本にあるものは宗教であり文化であり精神文化である。法要を通してお寺の現状や今後の状況を痛々しく感じながら終えた。
| 成田山真如院 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
深川市真言寺春季大祭
深川市真言寺
6月28日深川市真言寺において春季大祭が執行された。資延憲英僧正が理趣三昧の御導師になり哲規住職が護摩を焚いた。褊衫(へんざん)、如法衣の出で立ちで法要に臨んだ。6月であるにも関わらず汗が滴り落ちる法要となった。
| 成田山真如院 | 22:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ページ: 1/7   >>
ページの先頭へ戻る